社会保険の加入要件と保険料について

main-img

社会保険の加入の要件として企業は、法人である場合従業員を1人でも雇用していると適用事業所となり、個人事業所であっても適用業種であり常時5人以上の従業員を雇用している時も適用事業所に該当します。個人事業所で適用業種に該当しない場合は強制加入とはなりませんが、事業所の従業員の半数以上の同意があれば、加入することが可能になります。

適用事業所に常時雇用されている人(正社員)は被保険者になります。

埼玉の保険に関連した書きかけ項目です。

パートタイムで働いている人で、1日や週の所定労働時間及び1月の所定労働日数が正社員の4分の3以上であれば加入対象に該当します。



また、部長や支店長であっても労働者的な性格が強く、労働の対象として賃金を受けている場合には、被保険者として扱われます。



社会保険料は、基本的に標準報酬月額に料率を乗じた額を毎月支払われる給与から天引きされ、半分は企業が負担をします。
標準報酬月額は、毎年4月から6月の間に支払われる給与の平均額に応じて決められるもので、給与の大幅な変動などない限りその年の9月から翌年の8月まで固定されます。


被保険者が育児休業を取得した時は、休業期間中は企業負担分を含め保険料の支払いが免除されます。
期間は、育児休業を始めた日が属する月から終了時の翌日が属する月の前月までであり、育児を行う対象となる子が3歳未満であることです。
休業中は免除を受けていても、健康保険の給付は普通に受けられますし、年金額が減額されることもないです。

最近では、色々と補償問題などあり保険に加入をしておくととても安心をした生活を送る事ができるので僕自身も多くの保険に加入をして不安を取り除いて生活を送っています。
とてもありがたい存在だと感じています。



また保険を取り扱っている会社はとても多く、また多くの種類があるので必要用途に合わせて選んでいき、また掛け金や補償やサービス内容も違ってくるので見積もりなどを貰って比較をして自分にあった物に加入をする事ができるのでとても便利な世の中になってきています。
そしてインターネットができるようになり、各社ホームページなどを持っていて、詳しい内容などを掲載しているのでとても理解がしやすく、また参考にもなります。



資料や見積もり請求などもホームページから簡単に申し込みをする事もできるので、わざわざ保険会社に電話をしたりする必要もないので忙しい人間にはとても効率が良いです。

http://smany.jp/3171

僕も保険に加入をする時には、必ず数社から見積もりなどを貰うようにして、自分が納得できるまで比較をして、一番効率のいい物を選んで加入をするようにしています。
最近では、保険の見直しなどが重要になってきて、見直しや比較などをしてくれるお店も増えてきているので便利で、掛け金なども減るので家計の負担を減らす事ができ、補償内容も充実しているのでとても嬉しいです。
今後も保険に加入をしていき、快適に生活を送れるようにしていきたいです。

http://okwave.jp/qa/q8139504.html

また見直しや比較も必ずしていきます。



関連リンク

subpage01

_pickedtitle3_

_pickedteaserText3_

more
subpage02

_pickedtitle4_

_pickedteaserText4_

more